男性の場合、髭剃りが刺激となってあごニキビが多くなる

男性ニキビを気にしている人も多く、特に顔にできる男性ニキビは悪化しやすく、赤みが強い場合があるので、早急に対策をしていかなければならないでしょう。特にあごのニキビは男ニキビではよくみられる症状の1つになります。あごには毛穴がたくさん存在しており、皮脂を分泌しやすい場所であると言えます。また思春期にできるニキビに比べて、大人になってから起こるニキビの方が、あごに出来やすいと言われています。

 

あごニキビができてしまう原因としては、ホルモンバランスが崩れること、胃や消化器系内臓が正常に働かない、ビタミンBが不足してしまっているなどの症状が見られます。胃や消化器系はストレスをすぐに感じやすく、体調を崩しやすくなってしまいます。また、あごニキビができる要因として忘れてはいけないのが、髭剃りによるダメージです。髭は多くの男性で生えてくるものであり、あごや口周りを髭剃りで剃っていきます。

 

すると剃る時に肌にダメージを与えてしまったり、刺激となったりして、皮脂分泌が過剰になり、ニキビができやすくなってしまうのです。ニキビの原因となる髭剃りはなるべくなら日にちを置いて行えばいいものの、毎日髭剃りを行わなければ無精ひげが生えてきて、だらしなくみられることもあるでしょう。毎日髭剃りを行う時は、なるべく肌に負担をかけないように優しく剃るようにしましょう。

 

またスキンケアの方法が間違っていたり、きちんとスキンケアを行っていなかったりすると、ニキビは増えてしまう危険性があります。特に洗顔をしっかりとおこなっていない、洗顔後のすすぎが弱いなどといったケースは、あごニキビを繰りかえす原因になります。洗顔時にはきちんと皮脂や汚れを落とさなければ、いつまでたってもあごニキビは治らないでしょう。

おすすめニキビケアアイテムランキング