30代の男性のにきびの特徴とケアの方法

一般的に、女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多いため、にきびが出来やすいと言われています。30代の男性は、男性ホルモンが活性化される時期でもあります。男性ホルモンは、皮脂腺の分泌に働きかけるという特徴を持っており、皮脂が過剰に分泌されるようになります。

 

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなるので、にきびの原因になってしまいます。

 

にきびを防ぐ方法は、毎日の洗顔を正しく行なうことや、洗顔後のお肌に、十分な潤いを与えることが大切です。

 

大人のにきび専用の美容製品が数多くありますが。30代は、お肌のバリア機能が次第に低下し始める頃でもあるので、お肌のお手入れに使用する美容製品の中に、お肌そのものをガードしてくれるような、保護成分が配合されているものを選ぶと良いかもしれません。

 

毎日の洗顔で、毛穴の奥の汚れをその日のうちに、しっかりと洗い流すことが大切です。毛穴の奥の汚れは、細かいスクラブで取る方法と、天然成分で、毛穴の奥の汚れを吸着する方法があります。

 

スクラブは、効果的ではありますが、にきびなどでお肌が敏感になっている時は、おすすめできません。

 

こういった場合、天然のクレイなどが配合されている洗顔料で優しく洗顔すると、お肌に刺激を与えずに、しっかりと汚れを落とすことが出来ます。

 

洗顔の後は、お肌を保湿することが大切です。お肌が十分に潤っていると、お肌のバリア機能が働くので、お肌のトラブルを防ぐことが出来ます。

 

潤いを与えると同時に、お肌に栄養を与えて、細胞を活性化する成分が配合されていると、より健やかなお肌の状態をキープすることが出来ます。

おすすめニキビケアアイテムランキング