20代の男性のにきびの特徴とケアの方法

20代の男性は、社会に出て慣れない環境の中で、様々な事柄に適応したり、人間関係に広がりを見せる時期でもあります。こういった時期にできるにきびは、10代の頃に出来るにきびとは違います。

 

10代の頃は、全体的に皮脂の分泌量が増えるため、顔全体ににきびが出来ることが多いのですが。20代のにきびは、口周辺やあごなどににきびが出来やすくなります。

 

これは、ストレスが原因となるにきびである場合が多く、思春期の頃と同じ方法のお手入れでは、かえってにきびを悪化させてしまいかねません。

 

ストレスが原因のにきびが出来るメカニズムは、まず、ストレスによって自律神経が乱れることにより、お肌のサイクルが正常ではなくなります。すると、古い角質がお肌に滞るので、次第に角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまうのです。

 

そのことが原因で毛穴の奥に汚れや皮脂が詰まりやすくなり、にきびが出来るというわけです。

 

このような場合、まずは、お肌が本来持っている力をサポートするために、和漢成分が配合されている製品を選ぶと良いでしょう。古くから用いられてきた和漢の生薬は、身体が本来持っている力を呼び覚ます成分が含まれています。

 

この成分の働きにより、お肌のサイクルを正常化しながら、毎日の洗顔を通して、毛穴の汚れを優しく落とすようなお手入れを続けます。

 

お肌のサイクルが正常になれば、不必要になったお肌の角質もきちんと取り去ることが出来るようになるので、毛穴が詰まりにくい健やかなお肌に近づくことが出来ます。

おすすめニキビケアアイテムランキング