10代の男性のにきびの特徴とケアの方法

にきびが出来る原因には、実に様々なものがあります。特に、10代の頃は、にきびで悩むことが多い時期でもあります。女性よりも、男性の方が、通常でも皮脂が分泌されやすいという特徴があるので、この時期は、より皮脂の分泌が促される時期でもあります。

 

思春期の頃は、身体の成長を促す成長ホルモンが活発に分泌されています。成長ホルモンは、皮脂線を刺激するという特徴を持っているので、この働きが原因で、お肌が皮脂を過剰に分泌している状態になってしまうのです。

 

過剰に分泌された皮脂は、毛穴の奥に詰まりやすくなるので、アクネ菌が繁殖しやすくなり、にきびとなるのです。

 

気になるからといって、にきびを指先で触ってみたり、指で押しつぶすということは、ばい菌が入って炎症を起こしたり、跡が残るので危険です。

 

思春期のにきびは、過剰な皮脂が原因となっているので、まずは、毎日の洗顔で、その日のうちに、汚れや皮脂をしっかり洗い流すことが大切です。

 

お手入れの方法としては、毛穴の奥に詰まった汚れをしっかりと取り除く成分が配合されている洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

皮脂の分泌が活発な時期は、アクネ菌も繁殖しやすいため、殺菌作用のある有効成分サリチル酸配合の製品で、にきび予防をします。皮脂が毛穴を塞ぐと、お肌のターンオーバーが正常ではなくなるため、古い角質がお肌に滞るようになります。

 

このような場合には、古い角質を取り去る成分が配合されていると、お肌の生まれ変わりをサポートして、にきび跡などを出来にくくしてくれます。

 

毎日の中で、丁寧な洗顔を心掛けながら、ニキビに働きかける有効成分が入った化粧水で十分に潤すことが、お肌のバリア機能を正常に保つ秘訣です。

おすすめニキビケアアイテムランキング