ニキビが出来にくい肌になるために男の正しい洗顔法をマスターしよう

男ニキビは思春期などに男性ホルモンが過剰に分泌されるために起こると言われています。男ニキビが悪化すると、ニキビ跡が残ってしまったり、クレーターのように陥没した状態になったりしてしまいます。このような状態になると、日頃のケアでは対応できなくなりますので、悪化しないようにニキビを治すようにしたり、ニキビができにくくなるように予防対策をしっかりおこなったりする必要性があります。

 

特に洗顔は、ニキビを改善するのには非常に重要です。しかしやり方を間違えてしまうと逆効果になって、今よりも男ニキビが増えてくることもあるので気を付けなければなりません。男の正しい洗顔法は、まず石鹸や洗顔料を使用する前には、ぬるま湯で顔を洗いましょう。ぬるま湯だけを使って顔を洗うことで、毛穴を開かせて、毛穴につまった皮脂を取り除きやすくしてくれるでしょう。

 

洗顔料や石鹸を使用する時には、しっかりと泡立てましょう。泡立てることで、きめ細かい泡が作れるようになり、毛穴の奥に詰まっている汚れや皮脂を綺麗に洗い流すことができます。また泡のキメが細かいと、肌への負担が少なくなります。間違っても掌でごしごし洗って擦るのではなく、泡を使って優しく包み込むようにするとよいでしょう。また洗う部位としては、皮脂が多く分泌されている額やこめかみ、鼻などをよく洗っていきましょう。

 

またすすぎも重要になります。すすぎが十分ではなく、泡が残った状態になると、その泡がニキビの原因になります。またすすぎ過ぎて皮脂を過剰に落としてしまうと、再び皮脂が分泌されてしまうので、男ニキビができやすくなるでしょう。また皮脂を洗い落してしまうと、肌のバリア機能が低下し、外部から細菌などが侵入しやすくなると言われています。

おすすめニキビケアアイテムランキング