思春期にできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因

ニキビに悩んでいる男の人って意外と多いんですよね。スキンケア商品でも、メンズ用のニキビケア商品なども数多く販売されています。ニキビは女性だけでなく、男の人によくできる症状であり、特に男ニキビの原因は男性ホルモンにあると言われています。

 

ニキビができる原因として、テストステロンなどの男性ホルモンの過剰分泌があります。男性ホルモンには皮脂を過剰に分泌させてしまう働きがあるため、男性ホルモンがたくさん分泌されると必然的に皮脂の量も増えてしまいます。皮脂の量が多くなると、毛穴の中に皮脂がたまりやすくなり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなってしまうのです。男の人の場合、男性ホルモンの分泌が盛んになるのが、思秋期であると言われています。

 

10代の思春期にニキビが多いのは、ホルモンバランスの乱れによるものなんですよね。ホルモンバランスとは、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスで、男性ホルモンが優位になると皮脂分泌が過剰になるでしょう。思春期の男ニキビを改善するためには、ホルモンバランスの乱れを抑えることが重要になります。ホルモンバランスが崩れてしまう原因としては、不規則な生活や食生活、睡眠不足などがあるので、1日3食バランスの取れた食事をしっかりと食べること、まとまった睡眠時間を確保すること、甘いものや脂っこい食品を控えめにすると、自然と皮脂分泌も落ち着いてくるでしょう。

 

思春期は特に生活習慣の乱れがなくても、ホルモンバランスは崩れやすいと言われているので、男ニキビをひどくさせないためにも、洗顔はしっかりと行うようにしましょう。洗顔をすることで毛穴を清潔に保ち、過剰な皮脂を洗い流すことができるでしょう。

おすすめニキビケアアイテムランキング